藤枝市で、絶対音感を取り入れているピアノ教室です。

カノンピアノ教室 

暗譜ということ

   

暗譜はすごいか

テレビのクラシック番組はほんとうに少なくなってしまいました。もっとも、昔だってそう多くはありませんでしたが。   早朝のNHK-BSでは毎朝いろいろなジャンルのクラシック音楽をやっていますからちょっと早起きすれば楽しむことはできます。そんな番組を含めて演奏家という皆さんの多くはみな暗譜で演奏をこなしています。深夜の長時間番組でもコンチェルトやソナタなどの場合、ピアノといわずヴァイオリンといわずまず100% 暗譜で弾きます。こういうプロの見事さには舌を巻くほかありません。もちろん、私たちが聴くことのできるコンサートでも合奏などでなければほぼすべて暗譜でしょう。           どうすればこんなことができるのか。「ピアニストの脳を科学する」という本には、演奏家は楽譜を読みこなす過程で写真を撮るように楽譜を映像として頭の中に取り込んでしまう能力を持っていると書いてあります。しかし私のような素人は、演奏家が頭の中にインプットしてもそれをどうすれば決められた順序通りの取り出すことができるのか、とますます不思議に思わざるを得ません。

今私が楽しんでいるコーラスのグループでは、この秋の発表会を前にして歌唱曲を暗譜することで悩まされています。ほんの短い曲なのに、です。で、先日読んだ本の中にこんなことが書いてありました。そもそも暗譜という技術は昔、トスカニーニという指揮者が、自身がド近眼だったために楽譜をなめるようにして見つめ続けた結果すべて頭に入ってしまい、ステージでは楽譜なしで指揮することができた、と。トスカニーニにとっては分厚い楽譜を目の前にしても近眼で見えないのだからあっても意味がない。というわけで、実はやむをえずの暗譜だったのです。しかし世の中の音楽家は「トスカニーニ、恰好いい!」ということになって皆彼を倣(なら)うようになったということだそうです。ダメと思ってもやればできるじゃん、というわけです。ところが私が読んだこの本の著者は「だから目が見えるなら、あえて暗譜などしなくていい」と。この記事を読んで私は一気に気持ちが軽くなりました。

今日はヴァレンティナ・リシツァの優雅な指が奏でるショパンのポロネーズを聴いてください。

 - 音楽雑記帳

  関連記事

音楽と外国

ド・レ・ミ・・・とA・B・C・・・ 音楽と外国 東京・銀座の山野楽器など大型の音 …

あふれる音楽

あふれる音楽 休日の朝、通勤の車も走らないので家の周りも静かです。たまにはテレビ …

音楽を愛する人は

音楽を愛する人は 春を愛する人は心清き人・・・・っていう歌がありますね。「四季の …

旧東京音楽学校奏楽堂

旧東京音楽学校奏楽堂 もうだいぶ以前の夏のある日、東京上野の国立博物館から東京芸 …

音がなくても音楽?

4分33秒 今年2月14日、バレンタイン・デーにフロリダ州の高校で銃の乱射があり …

身の回りに音楽を

身の回りに音楽を  音楽が身近にあるっていいですね。私が住むこの藤枝市でも、その …

ト・ニ・イ・ホ・ロ・ヘ・ハ って何?

ト・ニ・イ・ホ・ロ・ヘ・ハ って何? 虹の色は7色というのは皆知っていますね。細 …

ストリートバンド

ドイツの小さな町で もうだいぶ前のある年の8月11日。ドイツの古いペンフレンドを …

私流、音楽の楽しみ方

私流、音楽の楽しみ方 私は自分で音楽を紡ぎだす能力はなくても、聴いて楽しむことは …

N響指揮者 岩城宏之

女性作曲者 昔、NHK交響楽団の指揮者を務めた岩城宏之さんという方がいました。そ …